家族

家族全員参加で節分行事を楽しむために用意すべきもの

子供と行事を楽しもう

大豆

豆まきは家族で楽しむ

季節の行事というのは、家族みんなで楽しむことによって、一家団欒の時間を作ることが可能です。2月3日の節分は、家族で豆まきを楽しむという家庭も多いでしょう。節分の豆まきを行う時の定番は、お父さんが鬼の仮面をかぶって鬼の役をやり、子供たちが鬼の役のお父さんに向かって豆の投げるスタイルです。豆を投げられる役は、思いっきり投げられると痛い思いをすることになるので、殻付きの落花生などで代用する方もいます。節分の豆まきで大豆を家の中にまくと掃除も大変なので、家具が多い場所では豆まきをしないようにするなどの工夫も忘れてはいけません。豆は転がって遠くまで行くこともあるので、掃除するときは家具の下も見逃さずに掃除するようにしましょう。

当日の食事の準備も大切

節分を家族行事として楽しむのは、豆まきというイベントだけではなく、食事で楽しむということも大切なイベントとなります。節分の日の食事は、恵方巻を食べるのが定番です。一本食べ終わるまでは話してはいけないというのが、節分の恵方巻を食べるときの習わしです。小さな子供の場合、太巻きを一本食べるとそれだけでお腹が一杯になってしまうか、多すぎて残してしまいます。そこで子供でも一本分食べられるように、ハーフサイズの太巻きにしたり、細巻きで代用するのも1つの手です。大切なのは習わしに従って行動するというだけではなく、家族みんなで楽しめるように工夫をすることです。その後の食事のことも考えて、楽しめるようにしましょう。

贈り物を考えよう

女の子

毎年5月の第2日曜日は母の日ということで、休みなく家事を続ける母に日頃の感謝を込めて贈り物をするのが定番です。カーネーションといった花はもちろんのこと、一緒にリラックスできるマッサージ器や美容グッズ、スイーツなどのお菓子を用意すると大変喜ばれます。

この記事を読む

縁起を呼ぶイベント

大豆

節分は、立春の前日に行う縁起の良いイベントの一つです。福を引き寄せるという大事な役目があるので、鬼の役は必要な存在です。豆まきには、本物の豆よりお菓子が喜ばれるのでお面や衣装と一緒に揃えると良いでしょう。

この記事を読む

大事な意味と祝い方

お面と豆

節分は季節の分かれ目と言う意味があります。春は1年の始まりを意味する特別な季節なので、立春の前の日である2月3日に節分をお祝いをします。豆まきをするのが一般的ですが、掃除しやすいので小分け包装されているものを使うと便利です。

この記事を読む