大事な意味と祝い方|家族全員参加で節分行事を楽しむために用意すべきもの
ギフト

家族全員参加で節分行事を楽しむために用意すべきもの

大事な意味と祝い方

お面と豆

意味と由来

節分を知らない日本人はいませんが、正式な意味と由来まで理解している方は少なくなっているようです。自分が親になった時に子供にきちんと教えられるよう、節分の基礎知識を頭に入れておきましょう。2月3日に来る節分には、季節を分けると言う意味が込められています。季節の変わり目と言う意味にも受け取れますが、その場合春、夏、秋、冬のどの季節にも変わり目はあります。なぜ4回ある季節の分かれ目のなかで春だけが特別視されるのかと言えば、1年が始まる季節だからです。春が始まる立春は2月4日なので、その前の日の節分のお祝いをするようになりました。「これから新しく始まる1年間、災いや不幸がありませんように」と言う祈りを込めて、節分のお祝いをします。

掃除しやすい豆まきの方法

節分の行事と言えば、豆まきです。廃れた日本の行事も多い中、豆まきの習慣は都心でもいまだに健在です。ただ、小さいお子さまやペットを室内で飼っているご家庭だと、小さい豆が散らばってしまうと後片付けが大変です。そこで便利なのが、個包装されている豆です。数粒ずつ個包装されているので、思い切り投げても拾うのが簡単です。カーペットで豆のカスが散らばるのが嫌な方も、個包装タイプの豆なら安心です。豆を撒くことでその年が無病息災で過ごせるようになる、と昔から信じられています。ちなみに、豆は何でも良いわけではありません。正式には煎った大豆を使います。生の豆は芽が出ることから、「魔(豆)から目が出る」と捉えられ、演技が悪いと捉えられます。